個人向けの民事再生と破産の違いは?

債務整理の方法はいくつかありますが、なかでも個人向けの民事再生と破産の違いというのは一般的に分かりくいのではないでしょうか?

そこで今回は、この両者の違いについて見ていきたいと思います。

個人向けの民事再生ってなに?

個人向けの民事再生とはどのような内容なのでしょうか。よく破産と勘違いされていますが、民事再生の場合は住宅や車といった資産を処分せずに維持したまま、抱えている借金の金額を大幅に減額できるというのが大きな特徴です。

減額される金額は、借金の総額や保有している資産の程度によって算出されることとなっています。そして減額された金額から残った返済金額を、原則3年間の間に分割して完全返済を目指していくという手続きのことで、ここ数年間で民事再生に手を出している人は多くなっている傾向になります。

大きなメリットは、減額された借金を完済することで、その他にも抱えている借金に関しては返済する義務が免除されることにあり、利用者が増えてきている要因となっているのでしょう。

自己破産の場合は保持している資産を処分して借金を減額していくため、資産を持ったまま返済していくのかそうでないかが大きな違いとなります。

ただし、自己破産は手続きを終えれば返済の義務はなくなるため、借金を無くして綺麗になる代わりに、就職に制限が発生するなどのデメリットもはらんでいるため注意が必要です。

破産することで日常生活において制限されることはある?

では、民事再生ではなく破産をした場合はどうなるのでしょうか?

破産申請を行うことで、日常生活を行ううえで様々な制限が発生してしまいます。特に大きな内容としては就職の自由が無くなってしまうという点で、弁護士や公認会計士、証券会社の外交員や風俗営業者といった内容の職業には就くことができなくなります。

これは手続きが完了するまでの間の制限となりますが、他にも行動にも制限が加わってしまいます。本人宛の郵便物が届くのは破産管財人を経由してからとなり、そこで郵送物などのチェックなどが行われます。

もちろん旅行であったり、裁判所の許可なく転居をすることができなくなるなど、デメリットの部分が大きくなっています。

新たにローンを組んだりクレジットカードを作ることは一定の期間できなくなりますが、こちらも信用情報機関へ破産した情報が登録されるからです。

最近では自己破産を行うためには厳しい条件が設けられており敷居が高くなっていますが、それでも借金を全て無くしたいという考えやゼロから再スタートしたいという考えを持つ方が後を絶ちません。

生活に自由が利かなくなるのは大きな痛手となりますので、実行前に再度じっくり検討して、本当に破産がベストな選択なのかを考えてみましょう。

債務整理はやはり専門家に相談するのがベスト

債務整理の方法は数種類あり、それぞれにメリットとデメリットが存在ます。

また、法律の問題も数多く関わってくるため、やはり自分だけで手続きを進めるのではなく、専門の弁護士などに相談するのがベストだと言えるでしょう。

もしかしたら、金融機関との交渉で自己破産を回避して借金を清算できる可能性も十分ありますが、素人が交渉したところで結果は目に見えています。

ですので、まずは一度弁護士の無料相談などを利用してみることをおすすめします。