債務整理に掛かる費用ってどれくらい?

債務整理の費用は、だいたい4つのケースが考えられます。

一つめは任意整理で、着手金1社40000円、減額報奨金・経済的利益の10%です。二つめは過払い金返還請求で、着手金0円、減額報奨金・経済的利益の10%、過払い報奨金・経済的利益の20%です(訴訟による回収の場合は25%)。三つめは自己破産で、着手金30万円(ただし、住宅ローン特例ありの場合は60万円)、報奨金無料です。四つめは個人再生、着手金30万円、報奨金無料です。

これらの料金は、そのほかに消費税と別途事務手数料が掛かります。

ただ、この料金は一般的な法律事務所の相場なので、ひとまずの目安として考えてください。例えば、着手金にしても一般的には過払い金の中から清算するケースが多いので、依頼者が負担することになるケースは稀です。

ですので、費用の心配をするよりも、まずは弁護士の無料相談を利用して相談を受けたほうが良いでしょう。

 

債務整理に強い弁護士の無料相談先の参考情報:債務整理マガジン

 

過払い金の返還ってどういう仕組みなの?

お金を借りる時に金融会社が設定しても良い上限金利として、利息制限法が定められています。

以前は事業者向けの出資法という法律で定められた上限貸出金利の方が利息制限法よりも高く設定されていたため、利息制限法を上回る金利でお金を貸していた消費者金融がありました。

利息制限法で定められた上限金利を上回る返済金は、本来支払う必要が無いもののため過払い金と呼ばれています。

最高裁判所の判例により、過払い金を返還請求することが可能となったため、過払い金返還訴訟を提起することで、仕組みとしては正規の利息で貸出時から計算し直した返済金額を上回るお金を返還してもらうことが出来るようになったのです。

個人が直接交渉を行ったとしても、金融会社の経営状況が厳しいという理由付けをされて減額されてしまうことから、弁護士または司法書士に依頼することにより正規の手続きを経るため、調停による和解または訴訟による判決を得る必要があります。

過払い金の返還を法律事務所に頼むといくらくらい掛かる?

過払い金の返還請求は、過去に消費者金融やカードローンを利用していたことのある方を対象として、法律事務所が本人に代行して行うことができます。

その際に気になるのは過払い金の返還手続きを行なった際に発生する費用に関してですが、どの法律事務所を利用しても着手金は一切かからなくなっているのが一般的となっています。

手続きを始めてから返還に成功して初めて費用が発生するようになっており、この時に支払う金額は回収できた金額から20%を支払うのが一般的となっています。

つまりは、100万円を回収できれば20万円を法律事務所へと支払うことが平均相場となっています。

個人で行えば報酬費用は支払うことはありませんが、金融会社から提示された和解金に納得できない場合は裁判へと発展することもあります。

また、こと細かい計算から裁判手続きなども全て代行して行ってくれるため、忙しい方にとっては20%という報酬費用は高く感じないはずです。

着手金がかからない以上は安く済ませて、なおかつ過払い金を回収できるため、高いか安いかを判断するのは人それぞれでしょう。